Home // Archive by category "法律"

「厨二病棟」様ありがとうございます(12/5)

 

うひょ~!!

 

ゴホッ!グヘッ!・・・キャラを間違えました。

 

本日、「厨二病棟」を運営しておられる「ぱげらった」様より、一部のマンガコンテンツ使用のご許諾を頂きました。

直接メールにて御礼申し上げましたが、この場にて改めて御礼申し上げます。

本当に有難うございます!

 

 

「厨二病棟」様は、裏サンデーに「オエカキスト!」をご連載されている、もっともっと前から楽しく拝見させて頂いておりました。

長編漫画の「MUSHIKAGO」が私は一番好きです、はい。とても感動しました。

その作者様とメールさせて頂くだけでも畏れ多いのに、マンガの使用を許諾して頂けるとは!

感謝感激です。

 

この厨二病棟様のマンガコンテンツを利用させて頂いて、刑法概念の入門的な記事を書かせていただきます。

今年中に着手できるかは、少し分かりませんが、遅くとも来年の2月ごろまでには全記事を書き終えたい、と考えております。

 

それでは、今後とも宜しくお願いいたします。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

H26年行政書士記述解説(11/18)

 

昨日、行政書士試験研究センターさんが、問題を公表されたようですので、

本日、平成26年度行政書士試験の40字記述式問題の解説を書いてみました。

 

前回申しましたように、問題使用許諾を得ていませんので、全文引用は避け、

著作権法で認められる範囲の部分的な引用にとどめております。

 

平成26年度第44問(地方自治法)解説

平成26年度第45問(民法①)   解説

平成26年度第46問(民法②)   解説

 

・・・う~ん、民法の1問めを張り切りすぎてしまった。

(当日追記: 自分で読み返して、誤りを3つくらい発見してしまった・・・。既に修正しました。)

 

何かご指摘、ご意見、ご感想等ございましたら、この下のコメント欄か、「お問い合わせ」よりお願いします。

 

お問い合わせに対する回答(9/23)

 

「婚姻の有効性(初級)で取り扱われた事例の基となる判例ありましたら、具体的に教えて頂けますか?」

 

・・・というお問い合わせを頂きました。

 

事例の基となっている判例は、最判昭和44年10月31日の判例です。

 

ググって、ご参考になりそうなページを3つ拾ってきました。

 

http://www.horitu.info/articles/2011/05/post_284.html

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=51893

http://www.sakurai-h.jp/article/8697833.html

 

・・・をご参照いただけたら、と思います。

 

 

 

行政書士記事の改修経過報告Final(9/23)

 

 

私が紙媒体であらかじめ準備していた行政書士記事の改修作業は以下で終了です。

 

もし、まだ誤りがあるぞ!という方がいらっしゃるのであれば、コメント欄やお問い合わせフォームからご教示頂けるとありがたいです。

 

現在、HPにおける新コンテンツの準備作業をしておりますが、相手方もあるお話ですので、正式に決まってからまたこのブログ欄において報告させて頂こうと思っております。

 

[行政法の一般的な法理論]

 

許可等              初級   ―――   表現の微修正

行政行為の効力        初級   ―――   訂正なし

行政手続と令状主義      初級   ―――   訂正なし

行政行為の撤回        初級   ―――   「他人の所有する」を「公有の」に訂正。

行政契約             初級   ―――   訂正なし

行政上の強制執行       初級   ―――   訂正なし

行政立法             初級   ―――   訂正なし

行政行為の付款        初級   ―――   訂正なし

 

[行政手続法]

 

理由の提示の趣旨       初級   ―――   訂正なし

審査応答義務          初級   ―――   訂正なし

行政手続法の目的       初級   中級   上級   ―――   問題文の日本語の微修正

意見陳述のための手続    初級   ―――   訂正なし

 

[行政不服審査法]

 

審理の方法           初級   ―――   訂正なし

裁決決定の効力        初級   ―――   訂正なし

教示制度            初級   ―――   訂正なし

不服申立先           初級   ―――   訂正なし

 

[行政事件訴訟法]

 

法律上の利益         初級   ―――   訂正なし

訴えの利益           初級   ―――   訂正なし

出訴期間            初級   中級   上級   ―――   問題文に「行政事件訴訟法14条によると、」という文言の追加

原処分主義           初級   ―――   表現の若干の追加

原告適格            初級   ―――   訂正なし

処分性              初級   中級   上級   ―――   問題文の日本語を若干修正

訴訟選択            初級   ―――   表現の微修正

執行停止            初級   ―――   訂正なし

内閣総理大臣の異議     初級   ―――   訂正なし

執行停止の種類        初級   中級   上級   ―――   問題文の日本語を若干修正

併合提起            初級   ―――   訂正なし

訴訟要件            初級   ―――   訂正なし

 

[国家賠償法・地方自治法]

 

国家賠償            初級   ―――   訂正なし

行政裁量            初級   ―――   訂正なし

設置管理の瑕疵        初級   ―――   訂正なし

地方自治            初級   ―――   訂正なし

行政書士の記事改修経過報告3(9/21)

 

 

今回は、債権分野の改修作業が、以下の通り終わりました。

これで、オリジナル問題(民法)の改修作業は全て終了したことになります。

 

これからは、オリジナル問題(行政法)の改修作業に入ります。

 

[債権総論]

 

債権の準占有者           初級   ―――   訂正なし

付随的義務              初級   ―――   訂正なし

帰責事由               初級   ―――   訂正なし

相殺適状               初級   ―――   若干の加筆

債務引受               初級   ―――   訂正なし

受領遅滞               初級   ―――   若干の加筆と日本語の誤りの修正

虚偽表示と債権者代位       初級   ―――   表現の微修正

賃借権と妨害排除          初級   中級   上級   ―――   問題文の若干の変更とこれに対応した解説の若干の変更

債権者代位権            初級   ―――   表現の微修正

詐害行為取消の効果        初級   ―――   表現の微修正

詐害行為取消の要件        初級   ―――   表現の微修正

保証と通知              初級   ―――   表現の微修正

異議をとどめない承諾        初級   ―――   若干の加筆

債権譲渡の対抗関係        初級   ―――   表現の微修正

 

[債権各論]

 

事務管理               初級   ―――   訂正なし

不当利得               初級   ―――   訂正なし

管理継続義務            初級   ―――   不要な部分の削除

過失相殺能力            初級   ―――   訂正なし

使用者責任              初級   ―――   訂正なし

遺族固有の損害           初級   ―――   訂正なし

後遺損害               初級   ―――   訂正なし

和解契約               初級   ―――   訂正なし

請負契約               初級   ―――   訂正なし

贈与契約               初級   ―――   訂正なし

敷金返還請求            初級   ―――   訂正なし

賃貸借契約              初級   ―――   訂正なし

売買契約               初級   ―――   訂正なし

行政書士記事の改修経過報告2(9/18)

 

 

オリジナル問題の民法のうち、債権分野以外の修正作業が以下のとおり終了しました。

次は、債権分野の修正作業ですね。

 

[総則]

 

意思表示                初級  ――― 「2013年」を「2014年」に変更

日常家事と表見代理         初級  ―――  若干の加筆

賃借権の時効取得          初級  ―――  若干の加筆

自己契約と双方代理         初級  ―――  訂正なし

失踪宣告                初級  ―――  訂正なし

94条2項の類推適用         初級  ―――  訂正なし

94条2項の第三者           初級  ―――  訂正なし

出世払いの性質            初級  ―――  登場人物AとBを逆にするという致命的な誤りを修正

消滅時効の援用権者         初級  ―――  訂正なし

 

[物権総論]

 

背信的悪意者             初級  ―――  訂正なし

所有権の移転時期          初級  ―――  訂正なし

盗品の即時取得            初級  ―――  表現の大幅修正

即時取得と占有改定         初級   中級  ―――  初級、中級共にAとBを取り違えるという致命的な誤りを修正

取消後の第三者            初級  ―――  表現の微修正

物権的請求権             初級  ―――  訂正なし

相続と登記               初級  ―――  若干の加筆

相続と時効取得            初級  ―――  訂正なし

 

[担保物権]

 

留置権                 初級  ―――  訂正なし

質権                   初級  ―――  訂正なし

抵当権                 初級  ―――  訂正なし

抵当権の及ぶ範囲          初級  ―――  訂正なし

物上代位                初級  ―――  訂正なし

法定地上権              初級  ―――  訂正なし

 

[親族相続]

 

利益相反行為            初級  ―――  訂正なし

婚姻の有効性            初級  ―――  若干の加筆

不貞行為               初級  ―――  訂正なし

夫婦別産制              初級  ―――  訂正なし

日常家事債務            初級  ―――  訂正なし

有責配偶者              初級  ―――  訂正なし

共同遺言               初級  ―――  訂正なし

遺留分                 初級  ―――  訂正なし

行政書士記事改修の経過報告1(9/16)

 

 

昨日・今日で、過去問部分の訂正・加筆作業が終了いたしました。概要は、以下のとおりです。

次は、オリジナル問題部分の修正作業を行っていきます。

 

平成18年度第44問(行政法)   初級   ---  表現の微修正

平成18年度第45問(民法①)   初級   ---  表現の微修正

平成18年度第46問(民法②)   初級   ---  若干の加筆

平成19年度第44問(行政法)   初級   ---  若干の加筆

平成19年度第45問(民法①)   初級   --ー  表現の微修正

平成19年度第46問(民法②)   初級   ---  表現の微修正

平成20年度第44問(行政法)   初級   ---  被告適格を有する者の判断の説明を追加

平成20年度第45問(民法①)   初級   ---  やや日本語に誤りがあった部分を修正

平成20年度第46問(民法②)   初級   ---  表現の微修正

平成21年度第44問(行政法)   初級   ---  表現の微修正

平成21年度第45問(民法①)   初級   ---  BXの信用保証をAXの信用保証と誤記していた致命的な部分を修正

平成21年度第46問(民法②)   初級   ---  選択肢において答えが色づけされていたミスを修正

平成22年度第44問(行政法)   初級   ---  表現の微修正

平成22年度第45問(民法①)   初級   ---  表現の微修正

平成22年度第46問(民法②)   初級   ---  表現の微修正

平成23年度第44問(行政法)   初級   ---  表現の微修正

平成23年度第45問(民法①)   初級   ---  表現の微修正

平成23年度第46問(民法②)   初級   ---  表現の微修正

平成24年度第44問(行政法)   初級   ---  表現の微修正

平成24年度第45問(民法①)   初級   ---  表現の微修正

平成24年度第46問(民法②)   初級   ---  廃除を排除と誤記していた部分を修正

平成25年度第44問(行政法)   解説   ---  修正なし

平成25年度第45問(民法①)   解説   ---  修正なし

平成25年度第46問(民法②)   解説   ---  修正なし

憲法判例解説更新

 

憲法判例解説を更新いたしました。

コチラです。

 

残りも原稿は既に書きあがっておりますので、

来週中には更新できると思います。

そして、その更新が終われば記事を書いた憲法判例は30個になり、

一区切りですので、次は刑法判例に行きます。

 

刑法判例につきましては、

 

被害者(及び被害者遺族)感情に配慮して、

 

死亡結果発生が極めて多い刑法総論分野においては、

原則として一切キャラ画像を用いないこと、

その代わりに、原告被告の主張の文字色は使用すること、

 

刑法各論分野においては、

殺人、放火、強盗等の重大犯罪については、あまり取り扱わないこと、

取り扱う場合には、原則として一切キャラ画像を用いない(&文字色の多用で代用する)こと、

 

また、被告人の前科を知られない権利に配慮し、

被告人の名前や住所等プライバシー情報まで含めて判示内容を引用していないか丁寧に推敲すること、

万が一当該情報を記載してしまった場合、それを私が認識すれば、即座に該当部分を削除等すること

 

・・・を基本方針としたいと思います。

これは、「刑法判例解説」ページを設置したときに、また書かせていただきます。

 

 

あと、記事の量が増えたことやアクセス数が増えてきたこともあって、本サイトの表示速度が落ちてきている気がしますので、今月中には、対策を打とうと思っております。

判例解説

行政書士試験のコンテンツ作成も、

40字対策の貼り付け作業が完了して、一段落しましたので、

ゆるりゆるりと新たなHPのコンテンツ作成へ向けて動き出しております。

 

行政書士試験の解法コンテンツも時間が空いたときに作成する予定ですが、

新たに「判例解説」を「40字対策」と比肩する看板コンテンツとして作成していこうと思っています。

 

これは、

せっかく「○○ゼミ」のキャラ画像というリソースがありますので、キャラに判例を紹介してもらうというコンテンツです。

 

ただし、文章の代わりにキャラを用いて解説するだけなら、それは「法学教室」等の雑誌や本で既に有名教授の方々がなさっており、文章のクオリティーも私の文章と比べるべくもありません。・・・ですので、そんな無謀なことは致しません。

 

私がしようとしておりますのは、「事実の概要」について、キャラに当事者になり代わってもらって、百選に出てくるような有名判例の事案を紹介し、判例の判示を載っけて、簡単に解説するというスタイルです。

 

判例って結論や理由付け、フレーズは覚えている人も多いのですが、そもそもどんな事件だったのかっていう部分が手薄になりがちなんですよね。

そこをフォローするようなコンテンツを作成しようと思ったわけです。

 

レベルとしましては、

私が法・税・会計研究室で書いている記事が大学4年レベル、

40字対策記事が大学2~3年レベルだとしますと、

この判例解説は、大学1~2年レベルになるのではないかと思います。

 

今月中には数個更新する予定ですので、是非ご覧頂ければ幸いです。

 

投稿完了・・・

40字対策記事の投稿作業が本日終了いたしました。

 

長かった・・・

 

過去問、オリジナル民法、オリジナル行政法の全てを合わせると、

350記事くらいあります。

字数でいうと、1つ1000字くらいとして、35万文字・・・

 

おぞましい数字ですね。

 

元々アプリ用に原稿を書いていたとはいえ、そのコピー&ペースト作業は、

とても大変でした。

 

あとは、「上級」の採点基準が、

プログラムによるキーワード判定を想定しておりましたので、あまりにお粗末であるという点を、暇なときに修正できたら良いな、と考えております。

 

誤字・脱字等はあまり数は無いとは思うのですが、どこかには必ずあるはずですので、もしお気づきの方がいらっしゃったら、ご指摘頂ければ幸いです。

もちろん、問題・解説(特に初級の文章)がおかしいというご指摘も大歓迎です。

 

個人的には、このコンテンツがあれば、40字対策の予備校本をわざわざ買う必要はないと考えております。

是非、一つのツールとして御学習に生かして頂ければ幸いです。

Top