Home // 40字対策 // オリジナル問題(行政法) // 行政手続法の目的(中級)

行政手続法の目的(中級)


問題:(司法試験平成11年度第1問改題)行政庁Aが、申請人Bの許可申請に対し、不許可処分をなした。しかし、その不許可処分には行政手続法第5条に規定する審査基準が定められていなかった。この場合、Bは不許可処分の取消訴訟を提起することができるわけであるが、裁判所によって、かかる処分の取消しが認められる可能性が高い。何故、手続違反にすぎない違法によって、処分の取消しまで認められる可能性が高いといえるのか、「行政手続法は、」の後に続く文章を40字程度で記述しなさい。

 

(空欄を補充してください)

 

行政手続法は、行政運営の公正確保と透明性向上を図り、もって(①8文字以内)の保護に資することを目的とした(②2文字)主義的法律であり、手続を受けることのできる地位に(③2文字)性を肯定することによって、より保護の徹底を図っていると考えられるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答例)

①国民の権利利益

②自由

③権利

(採点基準)

・国民、利益が共にあれば10点。

・自由のみ5点。

・権利のみ5点。計20点。

Top