Home // 40字対策 // オリジナル問題(民法) // 失踪宣告(上級)

失踪宣告(上級)


問題:(完全オリジナル問題)行方不明の者について、死亡が確認されない限り生存しているものと扱う必要があるとすれば、残された者は、不都合である。そのため、民法は一定の場合には死亡したものと擬制するという失踪宣告の制度を用意した。この一定の場合とは、2通り存在し、戦地に臨んだことや沈没した船舶に在ったといったように危難に遭遇したことが分かっている場合を特別失踪(危難失踪)といい、それ以外の場合で生死不明が7年間続いた場合を普通失踪という。では、これらの場合において、死亡したとみなされる時点は各々どの時点と民法は規定しているか。40字程度で記述しなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解答例)

特別失踪では、危難が去った時点で、普通失踪では、7年間生死不明という期間が満了した時点

(採点基準)

・危難と去ったがあれば10点。危難のみならば6点。

7のみ10点。

Top