Home // クイズゲーム // 親族相続穴埋め(解答)

親族相続穴埋め(解答)


『親族相続>穴埋め>その1

 

・配偶者のある者が未成年者を養子とする場合には、原則として配偶者と共に縁組をしなければならないが、配偶者の(  )である子を養子とする場合には、単独で縁組をすることができる。

 

①「嫡出」。 ①嫡出  ②非嫡出  ③養子  ④実子

 

『親族相続>穴埋め>その2

 

・婚姻の届出は戸籍吏に(  )されれば完了し、戸籍簿に記入されなくても婚姻は成立する。

 

②「受理」。 ①提出  ②受理  ③認識  ④到達

 

『親族相続>穴埋め>その3

 

A男とB女の内縁関係の継続中にBCを出産し、AによってCを嫡出子とする出生届がなされた場合において、誤ってこれが受理されたときは、この届出により(  )としての効力が生ずる。

 

③「認知」。  ①出生  ②嫡出  ③認知  ④縁組

 

『親族相続>穴埋め>その4

 

B女は、A男との内縁関係の継続中に懐胎し、その後、Aと適法に婚姻をし、婚姻成立後150日を経てCを出産した場合において、ACとの間に父子関係が存在しないことを争うには、(   )の訴えによらなければならない。

 

④「親子関係不存在」。  ①嫡出  ②嫡出否認  ③親子関係存在  ④親子関係不存在

 

『親族相続>穴埋め>その5

 

A男による嫡出否認の訴えは、ACの出生を知った時から( )年以内に提起しなければならないが、Aが成年被後見人である場合には、この期間は後見開始の審判の取消しがあった後にACの出生を知った時から起算する。

 

①「1」。  ①1  ②2  ③3  ④5

 

『親族相続>穴埋め>その6

 

A男が嫡出否認の訴えを提起する場合において、Cが幼少で意思能力を有せず、かつ、出産したB女がすでに死亡しているときには、Cの未成年後見人がいるときであっても、家庭裁判所が選任した(     )を相手方とする。

 

②「特別代理人」。  ①後見監督人  ②特別代理人  ③検査役  ④高等司法官

 

『親族相続>穴埋め>その7

 

・Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。この場合において、A・Bの婚姻後に甲建物について必要な修繕をしたときは、その修繕に要した費用は、(  )が負担する。

 

④「AB」。 ①A  ②B  ③A及びその親  ④AB

 

『親族相続>穴埋め>その8

 

・Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にA・Bで同居することになった。この場合において、A・Bの婚姻後に甲建物内に存するに至った動産は、A・Bの共有に属するものと(  )される。

 

②「推定」  ①みな  ②推定  ③確認  ④指摘

 

『親族相続>穴埋め>その9

 

・特別養子制度において、養親となることができるのは(  )歳以上の者で、かつ婚姻をしている者である。

 

②「25」。 ①20  ②25  ③30  ④35

 

『親族相続>穴埋め>その10

 

・相続欠格においては、その対象者となりうるのは全ての推定相続人であるが、相続人の廃除においては、その対象者となるのは(   )を有する推定相続人に限られる。

②「遺留分」 ①相続の意思  ②遺留分  ③相続適格  ④子

 

『親族相続>穴埋め>その11

 

・Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいた。Aの死亡と近接した時にCも死亡したが、CがAの死亡後もなお生存していたことが明らかでない場合には、反対の証明がなされない限り、Aを相続するのは(  )である。

 

③「BD」。 ①B  ②D  ③BD  ④BCD

『親族相続>穴埋め>その12

 

・Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいた。Aが死亡した時点でCがまだ胎児であった場合には、Aを相続するのはBおよびDであるが、その後にCが生まれてきたならば、(  )がAを相続する。

 

②「BC」。 ①BD  ②BC  ③BCD  ④CD

『親族相続>穴埋め>その13

 

・Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいた。Aにさらに養子Eがいる場合には、Aを相続するのはB、CおよびEであり、Eの相続分はCの相続分(   )である。

①「と同じ」。 ①と同じ  ②の2分の1  ③の4分の1  ④の8分の1

 

『親族相続>穴埋め>その14

 

・Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいた。Aが自己に対する虐待を理由に家庭裁判所にCの廃除を請求して、家庭裁判所がこれを認めた場合には、Cに子Fがいる場合、Aを相続するのは(  )である。

 

③「BF」。 ①BC  ②BD  ③BF  ④BDF

『親族相続>穴埋め>その15

 

・Aの死亡時には、配偶者B、Bとの間の子CおよびAの母Dがいた。Cが相続の放棄をした場合において、Cに子Fがいるときには、Aを相続するのは(  )。

 

②「BD」。 ①BC  ②BD  ③BF  ④BDF

 

『親族相続>穴埋め>その16

 

・(  )歳に達した未成年者は、単独で遺言することができる。

 

②「15」。 ①12  ②15  18  ④20

Top